タートルシティー

2017-10-25

タートルシティのアオウミガメ

いや~、台風21号が過ぎさっと思えば、
お次は台風22号ですか・・・。

そんな中、朝からの北風突風。
ということで、久々にチービシ3本勝負なり。

で、ラストはお決まりのナガンヌ南タートルシティへ。
ばっちりウミガメもゲット。

Top3
2017.10.25 チービシ諸島・ナガンヌ島・タートルシティ 水深12m

丸々したアオウミガメで、
ダイバーへのサービス精神も旺盛。
ゆっくりと泳いでくれましたよ。

さて、明日はからはまたもや台風モード。
週末のダイビングライセンス講習をどうしてくれようか・・・。


2017-01-11

とにかくデカいアオウミガメ

ん~、時化ております。

ということで、チービシへ。
時化のため慶良間まで渡れずに、
このチービシ止まりってパターンが冬場は少なくはない。

ただ、悲観することはない。
意外とこういうときって、
無理に慶良間まで渡って潜るよりも、
意外とカメ遭遇率が高かったりもする。

ちなみに、チービシで亀が高確率で見られるところは、
神山南、ナガンヌ南タートルシティ、ナガンヌ北。

って、ほとんど全部じゃんってね。

で、今日はこのナガンヌ南タートルシティのカメ。
ほんともういい!ってほどの
アオウミガメを見ることができましたよ。

6235b390ac4f0529fdddaf1221ac3bfb
2017.1.9 チービシ諸島・ナガンヌ島・タートルシティ 水深12m

いないときはスッカラカンってこともなくはないんですが、
いるときはほんとゴロゴロいたりするんですよね~。

そして、ここのカメはとにかくデカい。
普段、カメパラやカメキチで見てるアオウミガメよりも、
二回りくらいは大きいかも。
ゲストのほうもチービシ止まりではあるけど、
大満足ってね~。

まあ、運悪く海が時化てるときに
沖縄へ来てしまったゲストも、
悲観することはないかもしれませんな~。


2014-12-29

ナガンヌ南のタートルシティー

めっきり冬ですな。
海は時化まくりで、チービシ三昧?

いやいや、ちょっといい加減にチービシが飽きてきた?

そんな中、お馴染みのナガンヌ南・タートルシティーのカメ。

Cdf5b396d3d7fc44df8294d0726aaea3
2014.12.22 チービシ諸島・ナガンヌ南・タートルシティ 水深12m

ここのカメはほんと見応えがある。
全部アオウミガメなんですが、とにかくデカい。
胸板がほんと分厚いのだ。

いったい、どういったことで、ここにデカいカメが集まるのか・・・。

ただ・・・、最大の欠点はカメが散ってしまったあとは、
まさに蛻の空のようなポイントになってしまうことだな~。
何かほかに見どころがあればいいんだけど・・・。

2014-11-05

たまにはチービシのカメでも

たまにはチービシのカメでも。

台風20号の影響で海はシケシケ。
ということで、チービシ止まりでナガンヌ南・タートルシティにて。

ここはカメポイントとして有名で、
カメしかいない不毛なポイントだったりもするんだけど、
今日はばっちり、いっぱい、もりだくさんカメがいてくれましたな。

4f5dfe7756afc03a2e21a8863bd82951
2014.11.4 チービシ諸島・ナガンヌ島・タートルシティ

ほんと15枚くらいのカメは見たかも。
ちなみに昨日は30枚くらいもいたらしい。
やっぱ時化たときって、
カメ同士、体をよせあって乗り切るのか???

まあ、昨年のこのぐらいの時期も何度かここに入ってるけど、
こんなにカメが集まってるのは初めてみたな~。
せいぜい、5、6枚ってのが普通だったんだけど、
一体、何事だったのか・・・。

今年の冬はずーっとこのままならいいんだけどな~。

2013-12-22

亀を見るならチービシへってね

今日は1本目が前島・大丸。
2本目からはチービシに戻って2ダイブ。
まあ、海が時化てるので・・・。
といっても、前島で行っておきながら、なぜにチービシに戻るってな。

実はここナガンヌ南タートルシティー。
巨大なカメがいっぱい寝ていることで有名なポイント。
ただ、すぐに散ってしまうので、
一番乗りで見に行くことが重要だったり。

5f838cd3d7ed2df538ebcc91d224a3dd
2013.12.21 チービシ諸島・ナガンヌ南・タートルシティー 水深11m

しかも、本当にデカい。
コバンザメもデカい。
見応えはかなりありますな。
そしてみんなアオウミガメってのもいい感じ。

ほんと、時化てるときは無理に渡嘉敷島東側で潜るよりも、
チービシに戻ってカメを見るっても一つの選択肢かもな~。