紺瀬

2019-02-13

紺瀬のカメ

冬ですな。
ということで、ちょい足を延ばして久場島まで。
ここのドリフトダイビングポイントでもある紺瀬。
何気にカメポイントでもあったりも。

で、丸々したアオウミガメ。

Fa414f80ffd4b9a7a496d86299ed19b9
2019.2.11 慶良間諸島・久場島・紺瀬 水深10m

しかも、こんな場所にも関わらず、
ダイバーに慣れているのか、
ゆっくり、まったり、一緒に泳いでくれましたよ~。

まあ、冬場のカメは貴重なので、
ラッキーな締めの一本ができてよかったですな。


2011-02-08

紺瀬のカメ

今日はプチ遠征、久場島・紺瀬のカメをご紹介

久場島は那覇出港のダイビング船だと慶良間の中では一番遠い島。

ま、なかなか行けないとこでもあったりします。

で、紺瀬はその南にあるちょっと離れた根。

ぐるっと駆け足で1週回って50分ぐらいでしょうか。

ここにも居ついてるカメがいます。

62b6facd05b0d6efc89cd3fba01068a9

小さめのアオウミガメ。

首のところに藻らしきものがびっしり生えてます。

ちょうどエントリーする東側からすると、その反対の西側にいることが多い。

ただ、全くダイバー慣れしてないので逃げ足はかなり速い。

まだ子供なので、ちょいダッシュくらいで追いつくことは可能ですが。

けど、ここのメインはバラクーダやネムリブカなので、

よーし亀を見に行くぞって潜るインストラクターは少ないんですよねぇ。