アラリ

2014-01-27

アラリのカメはダッシュで逃げる?

冬場はよく潜るアラリ。
北西風に強いポイントで、
運瀬を3本目に据えると、
必然的に2本目のお昼休憩ポイントはここが最有力候補になったりもする。

砂地、そしてポツポツと残るサンゴ。
ポイントとしての盛り上がりにちょっと欠けるけど、
気合いを入れて泳ぎ回ればカメもなんとか見れるのだ。

74287551293ed32c79915b841de415c9
2014.1.26 慶良間諸島・渡嘉敷島・アラリ 水深12m

しっかり逃げっぷりが半端じゃない。
そんなにダイバーが怖いのかってくらいのダッシュ。
それを追いかける僕。

ん~、もうハーハーゼーゼーですな・・・。
ま、亀ぐらいの足には負けないけどね。
それでも、まあ、一応ゲストもちゃんと見れたみたいだしよかったかな~。

ポイント的には南側のかなり離れたところに居ついてるようですな・・・。

2011-04-14

アラリのカメ

今回は、慶良間の渡嘉敷島のダイビングポイント「アラリ」の子。

ここは砂地がメイン。
そして浅場はサンゴ(もう死骸が多いけど)になってる。
ちょうど対岸にはいい感じの砂浜もあるので、
カメにとってはいい繁殖地になってるようです。

ここの一枚。
やや小ぶりのアオウミガメ。

Photo

ちょうど沖のほうにアーチがあるけど、
その南側の根のほうに泳ぐと運がいいと会えますね。

ただ、確率的には結構低い。
五分五分といったところでしょうか。
しかもカメがいないと何も無いような殺風景なとこなんで、
ガイドとしてもちょっと苦しいところだったりもするんですけどね。

この一枚もあきらめて船に戻って、
いやもう一度探してみようってところで遭遇。

ほんと諦めない気持ちってのが、
カメ探しには大切なのかもしれないね。