タートルベイ

2012-01-12

ヒズシの亀

ヒズシ、大手ダイビングショップ・シーサーさんの呼び名。
通常の那覇のショップはタートルベイの一言で片づけちゃうところですが。

タートルベイは砂地にあるスカシテンジクダイ、キンメモドキが群れている根がメイン。
ただ、タートルベイという名前でありながら、
実際に亀がよくみられるのは、
そのスカシの根から南側の広い根になる。

で、ヒズシってのはその南側の根。
まあ、カメポイントとして、タートルベイの名のとおり。

ただ、ここのカメは非常にナイーブ。
ダイバーに気がつくと高速で逃げていくことで有名。

そんな中、何枚かそんな高速ダッシュで逃げいくカメをみる中、
なんとまったり泳ぐやや大きめのタイマイ発見。
タイマイ自体はそれほど大きくなる種ではないから、
アオウミガメでいう中サイズくらいで、
タイマイでは大サイズってことになるのかも。

3cee97b9e4f9f064f3ada828433fbab1

かなりゆっくり泳いでくれたし、
こちらがカメラを目の前で構えてもよける気配無し。
いや~、つっこんでくるかと思いましたねぇ。

この個体、上手いこと同じような場所に居着いていると非常に助かるんだけどなぁ。

2011-09-13

阿嘉島のアオウミガメ

久々に阿嘉島へ。
ちょっとしたプチ遠征だったり。

夏場は渡嘉敷島の北側、座間味島で潜れるので、
ほとんどいくことないんですが、
今日は北風ピューピュー。

とゆーことで阿嘉島まで来ちゃいました。

ちなみにここのメインポイントは、
シークレットケーブとタートルベイ。
タートルベイとは文字通りカメの港。

といっても、意外といなかったり・・・。

地図的にはウナン崎の南側にあたります。
このダラダラ~した地形のところにカメがあちこちで寝てることも。

7b6cccf50cf5768876a20b54c181f424

ただ、ここのカメはかなりナイーブ。
というよりもダッシュで逃げるやつが多い。
あまりダイバー慣れしていないので。

ちなみに、浅いところよりも深いところにいるデカイ亀のほうが、
逃げ足がゆっくりで比較的見やすいかもね~。
深いといっても水深は18mくらいなんで。