大度海岸

2016-08-30

ビーチでウミガメってお得ですよね。

台風10号の余波があり、
なんと慶良間方面のボートは欠航。
しかも、西よりの風で、恩納村方面のボートも欠航。

こうなると、東海岸側のビーチを潜るしかないんだけど、
選択肢は奥武島、レッドビーチ。

でも・・・、ふと思った。
これだけ北風強風ならば、南部も行けるんじゃない?って。

で、超がつくほど久しぶり。
そして、真夏のこの時期に潜るのは何年振りってくらいに、
大度海岸で潜ってきましたよ。

そして、歩くこと15分、泳ぐこと20分、
いつものこの子がリーフの上で待っていてくれましたよ~。

1c88c44c714181fce4048232751569f4
2016.8.29 沖縄本島・大度海岸 水深10m

おそらく、かつてからポンタと呼ばれていたカメかと。

一昨年くらいから、遭遇率が下がり始め、
昨年くらいは、見れるか見れないかわからないカメのために、
ここまでは泳げないってことで、別のネタも探していたりしてましたが・・・。
そうそう、うちのサイトのこの記事も書き換えようかと思っていたりも。
大度海岸

もしかして、ビーチエントリー鉄板ウミガメポイントが復活か!?
なーんてね。

2013-03-02

ポンタ発見!

今日は大度海岸へ。

今年の冬はすっかりご無沙汰になってますが、
今日はゲストの方をご案内。

北風ピューピュー、波高5mでも入れるのが、
この大度海岸の強みですな。
ただ、流れは結構・・・。
いや、結構厳しいくらいにありますが。
満潮前でも、水路は思いっきり内側から外側へ。
まあ、波が高すぎて、リーフを乗り越えていく海水の量が多すぎるってことですな。

そんな中、久々に穴ぼこにいたポンタ。

5334b201ea5583c1f9d6a318f8ff9b2a

穴ぼこの中で見ると、そうでもないけど、
穴から出てくると、ほんとデカイ。
1m以上はありそうかもなぁ。
しかも、ダイバー慣れしていて、
とてもゆっくり泳いでくれるので助かりますな。

大度のカメ、健在ですな。

2013-02-13

久々に大度のカメ

久々に大度海岸へ。

大度といえば、カメなんですが、
なかなか厳しい戦いなりましたねぇ。
ま、それでもなんとか見れたからいいけど・・・。

E16e4dec5010cb9280fe081cb131384f
2013.2.11 沖縄本島・大度海岸 水深12m

見たのは、ちょうどポンタの根の手前。
フラフラ~って水面付近に泳いでるところを発見。
ま、また次が見れるかな~って思ったけど、
「いや、ここは確実にこの一枚をものにしよう!」ってことで、
頑張って一緒に泳いでもらいました~。
ちょっと強引だったけどね。

しっかし、この後はカメは皆無。
ポンタの穴ぼこにも不在。
その周りもざーっと見たところ、さっぱりいない。

ん~、カメが見れるからってことで、
苦労して陸上を歩いて、水面を泳いで、
そして水中も延々と泳いでいくんだけど、
これで、見れるか見れないか微妙ってとこだと厳しいなぁ。


2012-02-27

大度の子亀

先日の大度海岸でのログから。

ここ最近、慶良間に行かないので、
大度ネタが続いてしまいますが・・・。
まあ、ビーチダイビングで、
ここまで高確率でカメが見れるってのもスゴイけどねぇ。

そんな中、いつものフレンドリーなポンタ君がいる根にいた、
ちょっと小さめの子亀。

おやっ、ポンタが小さくなってる~!?

Fb91dd099a9a19657721dcdeb5e8e7aa

と思ったら、別個体でしたねぇ。
ちなみにポンタのほうはちょっと離れたところに鎮座しておりました。
いつもの洞窟内じゃなくって、
上に出てるのはここ最近だと珍しいかも。

93bc2ec8914bbd90a2e46d5a0958b7b8

で、結局、今日はこの2枚。

意外だったのは子亀のほう。
たいてい、フレンドリーなポンタ以外はダッシュで逃げる系なんだけど、
この子はしばらくこのソフトコーラルの上でモジモジと・・・。
泳ぎ出しても、割とゆっくり。

ひょっとしてポンタ2号としての素質ありですか~?

2012-02-17

今日もいました~、大度の亀

今日は南部のポイントでダイビング。
具志川城跡下と大度海岸にて。

週の頭に南風がふいていたせいか、
すっきり抜けない透明度。
まあ、沖のほうで20mぐらいってところでしょうか。

で、ゲストには12Lスチールタンクを背負ってもらって、
泳いで、泳いで、カメに会うために。

予想通り、定位置でリラックス中。

2692b007037887ae4db0514f36e30415

毎度のことならが、起こしてごめん!
なんだよ~って感じで、
ゆっくり穴ぼこから出て、泳いで行きましたね~。

でも、ほんとこのカメって、
なぜにこんなにダイバーに慣れてるのか???
ひょっとして、以前、ダイバーに助けられたことがあったりするのか。

カメの個体によって、性格が随分違うってのは面白いよなぁ。

2012-02-10

やはり大度のカメは鉄板なのか!?

今日は到着のゲストを迎えて、
南部の大度海岸で2ダイブ。

大潮、満潮時から干潮時に向かう時間。
あ~、ようするに下げ潮ってやつ。

こんな日は・・・、激流です。
いつものエントリー口の水路が川のよーに。
ビューンと一瞬でアウトリーフへ。

・・・、帰りが心配だって。

で、お目当ての亀へ直行。
ちゃんといつもの場所にいてくれましたよ~。
アオウミガメなり。

8ee615eb3546fa316479a73a04d8bce8

いや~、けどカメはいつみても癒されるよなぁ。

ただ、いつもはコバンザメを2個くっつけてるけど、
今日はなぜか無し。
外れてどっか行くこともあるんだーってね。

カメもやはり爬虫類なんで、おそらく低水温の冬は活動が鈍るんだろう。
こうなると、カメにくっついててもおこぼれが少ないってことで、
どっか行くのかもしれんよなぁ。

あ、帰りには這うように・・・。
なんとかリーフにたどり着けたとさ。

2012-01-05

初!カメ様

今日は大度海岸へ。

勿論、カメ狙いでのエントリー。

いつもの主、ポンタは残念ながら不在。
代わりに子亀が近くの根の上にいましたよ~。
しかも、ゲストが発見!

D9c59a9f2527ad555d634ff65765db06

ただ、いつものフレンドリーなカメじゃないので、
ちと逃げ足が速すぎる・・・。
それでも気合いのフィンキックでゲストと一緒に「ギリ」のツーショット。

いや~、ポンタがいない時点で、
新年早々幸先悪いな~って思ったけど、
あきらめない気持ちが大切でしたね~。

ちなみに昨日まではちょいエアーの早かったゲストも、
今日はできるだけゆっくり呼吸、ゆっくり動くってアドバイスだけで、
驚異的によくなりましたねぇ。

さて、今年もいっぱいカメ見るぞ~。

2011-12-23

大度の主はやっぱキレイだね~。

先日の大度海岸でのダイビング。
北風強風でも潜れるのが、
ここのポイントの嬉しいところですな。

慶良間のボートが全滅、
ならばビーチでって、カメが見れちゃうから面白い。

で、いつもの洞窟の中の大度の主。
アオウミガメですな。

Bf65d65fc737004a328d5eaece4e7a6c

甲羅もツルツル、しかもダイバー慣れしてるので、
写真のほうも撮りたい放題ですな。

けど、ほんとダイバーを恐れない?カメも珍しい。
ここ、大度でも何枚もカメは居ついてるけど、
ゆっくり写真が撮れるのはこの子ぐらいだもんなぁ。

あとは、カメではないけど、イソマグロの群れを見れたので、
こっちも載せておきましょう。

2bec11b20c4143b40feae373b4a0236a

まあ、1匹は50センチをちょっと超えるくらい。
これがメーターオーバーまで成長してくれれば、
かなり見応えあるんだけどなぁ。

カメの根から沖へ向かって右側の砂地に点在する根の周り。
この周辺、実はマダラトビエイも高確率で出るんですよ~。

2011-11-15

やはり大度のカメは鉄板だ!

今日は知り合いのインストラクターを誘って南部ビーチめぐり。
大度海岸と具志川城跡で潜ってきましたよ~。

北東風なので海は穏やか・・・、
と思いきや、意外とリーフ沿いは波が当たってましたね~。
しかも浅場の透明度はイマイチ。
ニゴニゴ&寒って感じ。

それでもアウトリーフに出れば、
ゆうに透明度は30mオーバーかな。
大度ブルーを堪能できましたよ~。

そんな中、いつものアオウミガメ。
ポンタ君ですな。
穴ぼこの中でお休み中のところを失敬。

C7dcabcb8d5136988e4e1b2fb664c3ee

ま、すぐに息継ぎに浮上していったので、
このタイミングを見計らっていたといってもいいかも。

たぶんカメ的には、
「あ~、息継ぎで上がんのめんどくせー」
「おっなんかダイバーが来たんだけど」
「しょうがねー、ちょうど息も苦しくなってきたとこだしな~」
って感じでしょうか。

けど、このカメ。
鉄板ネタで見れるってのは嬉しいところ。

ちなみに今日は他のカメは見れなかったな~。
マダラトビエイも不在だったし・・・。

これからの季節、大度が増えそうな感じ。
今年もレッドビーチは封印されているだろうし、
ここにお世話になることになるんだろうなぁ。


おっ、なんか気が付けば沖縄ライフスタイルさんでうちのショップが紹介されてる~。
ん~随分前にお願いしたような、しなかったような。
沖縄の不動産情報とかちょっと気になるかも・・・。

2011-10-28

ビーチダイビングでも鉄板ネタのカメ

今日は大度海岸でカメを見てきましたよ~。

ゲストのほうはダイビングライセンス講習生。

実は大度に関しては、
それなりのダイバーでないと連れて行くことは無い。
必ずカメが見られるといっても、
それなりのフィンキック、そして中性浮力、
何よりもエアー消費量が少なくないとカメエリアまでたどり着けない。

とゆーことで、1本目は奥武島にてみっちり練習。
そして2本目でひたすら泳いで見てきましたよ。

とゆーことで、名物のアオウミガメのポンタ君。
ダイバー慣れしているのでゆっくり泳いでくれるのが有り難い!

Acf8c3c0e24c4eb6d9074bf7a1737daf

まあ、エアー的にかなり厳しいので、
カメのところまで行って、他には目もくれずにタッチアンドバックという感じ。
潜水時間は40分。
見た生物「アオウミガメ」「カクレクマノミ」・・・以上。

それでもゲスト的には大満足だったな~。
きっとネチネチと奥武島で潜った記憶なんて、
すぐに忘れてしまうぐらいなんだろうけどね。