カメパラ

2019-07-01

カメパラのカメはカメラ写りが抜群!

韻を踏んでるかのようなタイトルですが、

まさのその字のごとし。

慶良間、ギシップ島のカメポイント、カメパラのアオウミガメはほんと写真が撮りやすい。

 

R0032911

2019.6.30 慶良間諸島・ギシップ島・カメパラ 水深6m

 

ほんとここのカメはダイバーを見ても、

お構いなしにゆったりと泳いでくれるので、

まさに写真のほうは撮りたい放題。

もちろん、動画もかっちょいいシーンを収めることも。

 

ただ、下げ潮、上げ潮でカメがまったくいないということもあるので、

毎回ここで潜ればカメが見られるということはなかったり。

それでも、ちょうどいい潮回りだと、

もういらない!?ってくらいにウミガメを見れちゃうのだ。

2018-05-29

夏バテなのか!?

お馴染みのカメパラにて。

ライセンス講習生と一緒にこんなポーズ。

M0075314
2018.5.28 慶良間諸島・ギシップ島・カメパラ 水深12m

いつものハマサンゴの近くではなく、
この子はちょっと外れた、
しかもちょっと深場でお休み中。

ずーっとこんな感じで、
全くもって動く気配がありませんでしたね~。

ひょっとして連日のうだるような暑さで夏バテになってるんですかね~。
ゲストもいい感じにシンクロしてくれてのこの一枚。

2018-05-01

太陽とカメ

お馴染みの太陽をバックにしてのアオウミガメ。

Topturtlesun
2018.4.30 慶良間諸島・ギシップ島・カメパラ 水深8m

いや~、気が付けばもう今月もオシマイですね~。
月末からはゴールデンウィークにも突入。
連日、波高1m、海況抜群の日々が続いておりますね。

で、大潮ともあって、カメポイントのチョイスとしてはカメパラを3本目に。
いい感じの流れにのって、カメ三昧なドリフトダイビングになりましたよ。

ほんとここのカメは、
ダイバー慣れしてるので、写真が撮りやすいのだ。

2018-02-16

やはり晴れた日は太陽と!

おなじみ、カメパラにて。

ここの亀は下げ潮のときしかいないので、
ちょうど大潮近辺に2本目のお昼休憩も兼ねて入ることが多い。
そして、今日がまさにそのパターン。

ちなみに、冬場は基本的に北風なので、
なかなかここのポイントに入ることができないけど、
この日はラッキーにも南風。
完全に夏のポイントシフトで潜れましたね~。

で、予想通りのウミガメ。
丸々したウミガメの下に回り込んでのこの一枚。

6cd35e8a9f1ca5bf574b125e2cde9d91
2018.2.15 慶良間諸島・ギシップ島・カメパラ 水深8m

誰しもが撮りたくなるアングルですが、
うまく太陽の位置を調整して、
カメラを向ける角度を合わせるのがコツ。

あとは亀の手を広げる瞬間に合わせてシャッターを切るだけ。

やはり太陽がカキーンと出た日は、
こんな一枚が撮りたくなりますよね~。


2017-12-18

下からアングルで!

何気に今月初の投稿に。

なかなか慶良間で潜る機会が少なくて、
と、同時にウミガメに出会う機会が少なかったり。

で、この日は久々に穏やかな海で、
カメポイントでもあるギシップラインで潜れましたね~。

そしてアオウミガメ。
下からアングルでバーンと撮れましたよ。

2c359376844101d42ae8dbf3da737652
2017.12.16 慶良間諸島・ギシップ島・カメパラ 水深5m

写真では大きく見えますが、
実は結構小ぶりな個体で、
体長さは60センチくらいでしたかね~。

ただ、なかなかの流れっぷり。
そして、このポイントにしては、
ちょっとカメが少なかったかもな~。

2017-10-19

カメと船

今日はカメパラのカメで。
ここのアオウミガメはほんとダイバー慣れしすぎですな。

で、船をバックにカメを一枚。

M0064499

2017.10.18 慶良間諸島・ギシップ島 カメパラ 水深8m

甲羅長50センチくらいのちびっこ。
甲羅も艶々でキレイな子でしたね~。

上手く船の下までカメを誘導してのこの一枚。

ほんとここのカメはダイバーへのサービス精神も旺盛で、
ノンビリと泳いでくれるの
ガイドとしてもとっても助かりますね。


2017-03-12

やはりカメパラはカメだくさん!

ギシップ島屈指のカメポイント、カメパラ。
今日もここにたくさんのカメが集まってきてましたよ。

M0050985
2017.3.11 慶良間諸島・ギシップ島・カメパラ 水深8m

なかなか一挙に4枚のカメが一枚の写真に納まることって、
ないかと思いますよね~。
ゲストのほうも大興奮ってね。

このダイビングポイント、下げ潮のときだけ、
アオウミガメがいっぱい、でっかいハマサンゴに集まってくるのだ。
よーくみるとハギ類に甲羅をお掃除されてるみたいだけど・・・。

そして、たまにはカメの動画も!

ダイバーをものともしないので、
かなりの接近戦もできちゃいますよ。
といっても、あまりストレスをかけすぎないように気を付けながらですけどね。

2016-12-31

2016年の締めはカメパラにて

いよいよ今年も終わり。
って、この記事を投稿しているのは、
すでに年明けしていたりもしますが・・・。

で、2016年のラストはカメパラにて。
ここは亀の鉄板ポイントとして、
慶良間でも有名なところ。
ただ、潮の干満によっているときといないときが・・・。

このときはちょうど微妙な時間帯ってことで、
なんとか2枚のみゲット。
それでも、1年の締めくくりをしっかりウミガメが見れてよかったですな。

15823481_1221166484627025_362503100
2016.12.31 慶良間諸島・ギシップ島・カメパラ 水深16m

ちなみにここの亀、
たいがいは10mより浅いところの棚の上にいるんですが、
なぜかこんな深いところに・・・。
ま、のんびり見れてよかったですけどね~。

それではまた来年!!!


2016-05-25

久々にカメパラの亀でも

意外と入る機会の少ないポイント。

カメパラ。

ここは基本、下げ潮でないと亀がいないことが多い。
いや、上げ潮のときに亀がいることがほとんどない。
ということで、その日の干潮満潮に合わせて、
潜れる、潜れないときがあったりするのだ。

で、今日はそのカメパラの亀。

Bf25c15bf6203987469879e583505383
2016.5.24 慶良間諸島・ギシップ島・カメパラ 水深6m

ちょうど上げ潮から下げ潮に変わった直後くらいの時間で、
出勤途中って感じのアオウミガメをゲット。
とってもゆっくり泳いでくれちゃうのね~。

そして、ダイバーがいっぱい群がってるハマサンゴへ向かって。

しっかし、ここの亀は、
よくもまあ、あんなダイバーだらけ、泡だらけのところに、
あえて向かっていくのかが不思議だよな~。

2016-03-24

飛び立つ亀と降ってくる亀

なんだか、とっても久しぶりにエントリーしたような気が・・・。
ギシップ島のカメパラなり。

00500439ff83cb838475175a261405b5
2016.3.23 慶良間諸島・ギシップ島・カメパラ 水深6m

このカメパラ、ほんといつも見慣れているからそうでもないけど、
これだけバンバンと亀が見れるってすごいことかもな~。

この日も、あまり泳げないゲストを連れて、
普通に5枚くらいは見れちゃうくらいだし。
そして、なぜかここの亀はダッシュで逃げない。
とってもリラックスしてゆっくり泳ぐんだよな~。

やはり亀のクリーニングステーションがあるので、
ここで癒されているから、警戒心も薄くなってるんだろうか・・・。