カメ吉

2019-04-09

甲羅の奇形?

ちょい久々の投稿。

そしてこれまた久々に甲羅のパターンがちょっと変わったアオウミガメに出会いまして、

それをご紹介。

R0027323

2019.4.8 慶良間諸島・ギシップ島・カメ吉 水深5m

 

浅いリーフ上を泳いでいたところを激写。

このブログでもむかーし、むかしに紹介していた子を同じかと。

甲羅のパターンがヘンじゃない???

多分、同じ個体と思われる。

2012年、7年前の話になりますが・・・。

 

ちなみにアオウミガメって寿命は80年くらいあるそうな。

こう思うと、もしかしたらこのカメ、自分よりも長生きするかもって思うと、

たまに出会えると感慨深いものがありますな~。

2019-01-05

間違いなく今年一番のカメ写真でしょう!

久々に北風が緩んで、
東寄りの風になってくれましたよ。

ということで、夏のカメポイントでもある、
いわゆるギシップエリアで潜ることができましたよ。

カメ吉にて。
会心の一枚で。

R0023528
2019.1.4 慶良間諸島・ギシップ島・カメ吉 水深8m

いや~、新年早々、いい一枚が撮れましたね。
これまた久々にでたギンギンした太陽と一緒に。
息継ぎが終わり、
水底に戻ってこようとするところを激写。
太陽の角度を考えて、動くことがポイントですよ。

2018-10-24

カメキチのカメクリーニングステーション

カメのクリーニングといえば、
カメパラが有名ではありますが、
なんと、カメキチでもこんな場所があるではありませんか。

R0019423
2018.10.24 慶良間諸島・ギシップ島・カメキチ 水深3m

しかも、超浅いところで、
完全に意識が逝ってしまっているカメを発見。
こんな体制で波にユラユラと揺られてましたね~。

この場所、体験ダイビングなら通らなくもない場所なので、
夏場なんかはダイバーがよく通るので、
クリーニングどころではないのかもしれない。

ただ、ここ最近は北風でダイバーがあまり入っていないので、
こうしてクリーニングを受けているのかも。
となると、冬場でうっかりこのカメキチに入ることができれば、
高確率でこのトランス状態のカメを見ることができるのかもね~。


2018-08-06

タイマイに超接近!

お馴染みのカメ吉のタイマイ。
ほんといつもいてくれて助かる~ってね。

ちなみに、ウミガメがこんなにイージーに見れてしまうので、
カメ保障の体験ダイビングなんてやっているショップもあったり。
https://teada-okinawa.com/experience_kerama/
いや~、自然を相手になかなか気合が入っておりますな。
まあ、夏場で海が平穏であれば、
このギシップエリアで潜ることができるので、
ほぼ100%見れるってことに間違いはありませんが。

そんな中、いつもいるフレンドリーなタイマイ。

R0014587
2018.8.4 慶良間諸島・ギシップ島・カメキチ 水深5m

カメラのすぐ目の前まで突っ込んできましたよ。
ダイバーというものを全く警戒しておりませんな。

ワイドレンズを使っているので、
こんな顔デカ写真が撮れちゃったり。

けど、ふと思うことは、
冬場は他のカメもよく見かけることがあるけど、
夏場はこういったフレンドリーな子しか、
なかなか見かけなくなってしまうんですよね~。


2018-04-05

ワイドレンズでアップでバーン!

ここ最近、安定して東風。
こんなときはギシップ島近辺が穏やかになるので、
お昼は必ずといっていいほど、
ここのカメポイントになったりするので。

で、カメキチにて。

アップでバーンとタイマイを撮ることができましたよ。

669f2f010e99f97eebbe06f5966f0d23
2018.4.2 慶良間諸島・ギシップ島・カメ吉 水深3m

超浅いところにいたので、
自然光のお陰で色味もくっきり。
外部ストロボ無しのワイドレンズでも、
ここまでビシッと顔デカ写真が撮れればうれしいですよね~。

あ、そうそう昨日(4月4日)ですが、
今年初の水温24度を記録。
陸上はもう半袖でもイケちゃうくらいですが、
ようやく海の中も冬モードから脱出って感じになってきましたね~。

2018-03-26

正面からタイマイを!

お馴染みのカメキチから。

この日はアンカーをうった船の真下にいてくれましたよ。
中サイズのタイマイが!

Top1
2018.3.25 慶良間諸島・ギシップ島・カメキチ 水深8m

いきなりの登場にちょいビビりましたが、
ここはゲストと態勢を立て直してのこの一枚。
正面からバシッと撮ってやりましたよ~。

ほんと、ここのタイマイは、
前をちゃんと見てるかってくらいに、
ダイバーが目の前にきても全く動じなかったりするのだ。


2018-02-12

体験でタイマイ

お馴染みカメ吉にて。

今日は当店にしては超珍しく体験ダイビングメニュー。
リピーターのお友達3名をご案内。

一応、朝1本潜ってからの2本目。
ちょっとダイビングにも慣れてきて、
ギリギリ泳げるにようになってきたかな~ってレベル。

この状態でカメに会うのは結構大変だったり。

ただ、この日は超ラッキーなことに、
船の真下にいてくれましたよ。
そう、タイマイちゃんが!

76f692271efc26887701b5ff66e2a67c
2018.2.10 慶良間諸島・ギシップ島・カメキチ 水深8m

北風の吹くこの時期、
ギシップエリアに潜ることも少ないので、
うっかりするとファンダイバーでも泳いで泳いで、
ようやくカメに出会えるということもあったりする。

そんな中、体験3名連れて、カメを見せることができたのは、
ガイドとしては嬉しい限りですな~。


2018-01-03

ダブル・タイマイ

あけましておめでとうございます。
今年もいっぱいウミガメが見れますよーにってね。

で、新春一発目はカメキチにて。
タイマイでしたね~。
しかも、2枚がじゃれあってるところを。

Top1
2018.1.3 慶良間諸島・ギシップ島・カメキチ 水深8m

ちなみに、最中ってわけではないのでご安心を!

1枚のカメがもう1枚のカメにちょっかいを出したところを激写。
この後、1枚のカメは一目散に泳ぎ去っていきましたね~。
猫とか犬みたいに、
こうやってカメ同士もじゃれあうことがあるんですね~。

2017-10-04

やっと出会えた亀はうれしいもんだ

今日は体験ダイバーのゲスト。
まあ、あまり泳ぎ回れないし、
カメ探しにてもかなり苦労するところ。


で、本日1本目のポイントはカメ吉。

まあ、今だと最も亀遭遇率の高い慶良間のポイントだったりもするけど、
それがかえってプレッシャーになってしまったり。


エントリー直後、やはり体験ダイバーが大苦戦。
水恐怖症???
そこはなんとかなだめつつ、水底まで。

いつもなら船の周りにフレンドリーなタイマイがうろうろしてるもんだけど、
今日に限って・・・。
結構な範囲を泳ぎ回ったけど見かけず。

このままでは・・・。

でも、別の船が入ってきたら、
その船の下にちゃんとおりましたよ~。
しかも、最後の最後で。

A178e329b99fa0b0e0c5fc7cd34ad8a3

2017.10.3 慶良間諸島・ギシップ島・カメ吉 水深4m

いや~、あきらめないって精神、大切ですね~。

普段は2本目のお昼休憩で入るカメ吉ですが、
朝一本目だと意外と探すのに苦労したりするんですね。


2017-07-24

会心のカメ写真

ほんとここ最近はベタ凪の日々が続いてますね~。
ということで、いつものカメ吉にて。

のんびりと泳いできたアオウミガメがいたので、
すかさず激写。
会心の一枚が撮れましたよ~。

Top1
2017.07.24 慶良間諸島・ギシップ島・カメキチ 水深5m

水深が浅いので、
甲羅の色合いもくっきりはっきり。
太陽の光もギンギンなので、海の青さもばっちり。

ちなみにこのカメポイント。
実は北風のときはコンディションがあまりよくない。
まあ、潜れないレベルではないけど、
そのお陰なので、ポイントには他の船がいない状態だったので、
こんなばっちりな一枚を撮ることができたのかもな~。


より以前の記事一覧