サンドトライアングル

2018-09-13

タイマイを見て、アオウミガメを見ると

お馴染みの慶良間のギシップエリア。
サンドトライアングルから。

R0017194
2018.9.12 慶良間諸島・ギシップ島・サンドトライアングル 水深8m

潜降直後に船の真下にてサンゴガリガリ。
いきなりいたりもするこのタイマイ。
甲羅に白いおできのようなものがある、
いつもいる定番の子。

そしてその直後に丸々としたアオウミガメ。

R0017205
2018.9.12 慶良間諸島・ギシップ島・サンドトライアングル 水深8m

やっぱこうしてみるとアオウミガメのほうが断然可愛い。
丸っこい顔に、クリクリした目。
そして、サンゴガリガリというよりも、
海藻をもぞもぞと食べる姿はもうラブリーそのもの。

それにしても、随分とフレンドリーなアオウミガメだったけど、
もしかしたら、一番乗りだと結構な高確率でいるのかな~。

2015-08-10

お手本のような一枚で!

今月一発目はタイマイってことで。

B342d83d66c392450805c4c6171eb6541
2015.8.3 慶良間諸島・ギシップ島・サンドトライアングル 水深6m

アンカーロープのところでもごもごしてるところを激写。
タイマイは急には逃げないので、
何カットも撮ることができるので、こんな一枚も撮れちゃうことも。

振り向きざまにビシッと一枚ってな。

動きのある瞬間ってのが、
ドラスティックな写真を撮るコツでもあったり。
カメも寝ているところ、サンゴをぼりぼり食べてるところよりも、
泳ぎ出した瞬間がシャッターチャンスなんだよな~。

2015-07-14

台風明けのカメは

今日は台風9号明けの初ケラマ。
まあ、濁ってましたね~。
そしてウネリボンバー。

それでも、ケラマで潜れるだけでもありがたいかと。

で、またもやタイマイ。
なんかここ最近、タイマイばっか見てるような気がするが・・・。

0e3a0b340108eb78108a20c7525430341
2015.7.14 慶良間諸島・ギシップ島・サンドトライアングル 水深6m

まあいつもいる子ですな。
ダイバーによってくるというフレンドリーな子。
ということで、よってきたところをバシッと接近戦で。

まさに「飛翔」って感じに。

いっつも思うけど、
このウネウネの海でカメっていったいどうやって過ごしているのか・・・。
息継ぎもしなくちゃなんないし、
台風真っ只中だったら、それはそれはスリリングなことのように思えるが。


2015-04-05

バシッと腹にフラッシュを当てて!

サントラにて。
タイマイだけどね~。

腹にバシッとフラッシュが当たった一枚。

96553284459ea75b8e2571ad3f7daeee1
2015.4.4 慶良間諸島・ギシップ島・サンドトライアングル 水深8m

まあ、ピントがちょっと甘いけど、
コントラストも強すぎるような気もするけど、
それでも気持ちいい一枚が撮れたので、ヨシとするか~。

いい一枚ってのは、
やっぱピントとか、露出とかそんなの関係ないんだよな。
躍動感、演出性がいかに強いかってことなんだろう。

そういや、最近、このカメエリアにようやくカメが戻ってきた感じ。
冬場の時化てるときは数が少ないけど、
こうやって南風が続いて、海が落ち着いてくると増えてくるんだよな~。

でも・・・、いったい冬場はどこにいってるのか?って。

2014-06-01

飛翔!ってな。

おなじみのサンドトライアングルのカメで。

タイマイが突っ込んできた~ってね。
まさに飛翔!って感じ。

C924cff8c23a910869b55659ba25068f
2014.6.1 慶良間諸島・ギシップ島・サンドトライアングル 水深8m

同じウミガメでも、
どうしてタイマイってこうもダイバーを気にもかけないのか・・・。
ただ、このギシップエリア以外のタイマイだと、
こうはいかないけどな~。

やはり水中生物のダイバー慣れってのは確実にあるようだ。
まあ、確かに生まれた頃から、
いっつもダイバーに囲まれていたら、
いちいち驚いて逃げていくのも面倒になっちゃうもんな~。

2014-03-25

鉄板はやはりサントラか!?

今、おそらく慶良間で一番亀遭遇率が高いのは、
ギシップ島のサンドトライアングルだろう。

D72000eb89074f6f8c44d936c3b7b58a
2014.3.24 慶良間諸島・ギシップ島 サンドトライアングル 水深8m

ただ、アオウミガメじゃなくって、
タイマイばっかりってのがちょっと残念ではあるけれど・・・。

ここの死サンゴをぼりぼり食べてるので、
初心者のダイバーでもゆっくり見れるのだ。

そしてこの一枚。
息継ぎに浮上したところを狙って、
お腹からビシッと一枚。

ほんとタイマイって死サンゴに頭を突っ込んでボリボリ食ってるシーンが多いので、
イマイチ絵にならないけど、
こんな瞬間を狙うとそれなりにいい一枚が撮れるかもな~。

2013-09-03

アンカーの近くのタイマイ

サントラにて。

ここって、ほんとタイマイばっかり。
まあ、それでもカメなんでいいと言えばいいんだけど、
船のアンカー付近で砕けたサンゴをぼりぼりするカメはどーも・・・。

Abf5bbacbca25e344f9c356cc1557192
2013.9.1 慶良間諸島・渡嘉敷島・サンドトライアングル 水深8m

まあ、亀的にはちょうどサンゴを砕いてくれてありがとうって感じだけど、
別にサンゴを砕くために船のアンカーを入れたわけでもないし~。
死サンゴなんでどうでもいいんだけど、
ゲストの目にはカメを寄せるために、わざとサンゴを壊してるように見えるのかも。

ちなみに、タイマイって死サンゴを食べてるようだけど、
実際はそこに付着したカイメンを食べてるそうな。

ただ、確実に我々ダイバーが、
環境に何らかの変化を与えているのは間違いない。
ここのタイマイだって、
餌付けではないんだけど、ある意味、船のアンカーに期待しているんだろうな~。

2013-04-29

サントラから

サントラにて。

453bd10cea3f17ae097770a0b3c662a4

ここ最近、カメ吉ばっかりだったので、
さっぱり潜って無かったところだけど・・・。
まあ、なんとか見つけることができました。
しかも、運良く泳いでるところを。

なかなかキレイなアオウミガメ。
しかもダイバー慣れしてるので、全然逃げない。
ゲストと一緒にのんびり泳ぐことができましたよ。

ギシップのカメ。
冬場、ほとんど入っていないせいか、数が少ないけど、
ここへきて、ぼちぼち増えてきたって感じ。

不思議とカメポイントってダイバーが入らないと数が減る?
どう考えても、カメにとって、ダイバーなんていないほうがいいと思うけど、
不思議と夏場のほうが全然遭遇率は上がるし、
1ダイブで見れる個体数も多いんだよなぁ。

これって不思議だと思いませんか???

2012-11-09

サントラのアオウミガメ

サンドトライアングル。
カミグーとカメ吉の間のポイント。

まあ、どっちでもいいじゃんって感じだったりも。

沖のブイの近くにカクレクマノミがいるとこですな。
で、その近くでアオウミガメ。
なかなかにダイバー慣れしてますな。

5e466d482bdb9713cf5efa80f0b09283

のんびりと一緒に遊んでくれましたねぇ。

ということでお腹ボーンの一枚を。

1410918fdd6ef41f8a5e6126f4e48248

かなり警戒心の無いカメじゃないと、
こういった写真は撮れないんですよねぇ。


2011-06-20

3人並んでカメ観察!?

今日は慶良間のサンドトライアングルのカメ。

絵的に面白いので載せてみました。
ゲスト3名、きちっと並んで見ております。
なんか微笑ましい光景に見えませんか~?

Ce2d261947d0026dde7747fff7d829b7

以前記事でも紹介したように、
サンドトライアングルのカメはタイマイが多い。
そしてこの子もタイマイ。

サントラのタイマイ

今日は狙って見れたわけではなくって、
カメいなかったな~って諦めて船に戻ったときに、
そのすぐ真後ろで遭遇。

意外とサントラってこーゆーシチュエーションのカメが多いんだよね~。

これから夏本番、サントラ率が高くなってくる。
なんとか沖まで泳がないで、
サクッとカメが見られる場所を開拓したいとろだけどなぁ。

より以前の記事一覧