« 運瀬の主、アカウミガメ | トップページ | 紺瀬のカメ »

2019-01-27

時化てるときの大きなウミガメ

波高4m。
大しけの一日。

こんなときは慶良間まで行くのを断念して、
その手前のチービシで潜ることになる。
ただ、チービシといっても侮ることはできない。
ポイントは少ないけど、
しっかりウミガメに会うこともできるのだ。

Topaoumigame
2019.1.26 チービシ諸島・ナガンヌ南 水深8m

浅いリーフエッジにひっそりと休憩中のアオウミガメ。
しかも、甲羅長は1m近くありそうな大きな、大きな個体。

このカメ、よくこの場所で寝ていることが多いんですよね~。
一番乗りなら鉄板って感じでもあるけど、
まあ、いないときもあったり。
もしかしたら、上げ潮のとき限定なのかも。


この日はちょうど、満潮から干潮に切り替わる時点で、
干潮になったときには、リーフ上からの冷たい水がスーッと流れ込んできまして・・・。
エントリー時に22度あった水温が、なんと20度を記録。
こりゃオヤスミ中のウミガメもいなくなっちゃいますな~。


« 運瀬の主、アカウミガメ | トップページ | 紺瀬のカメ »

ナガンヌ南」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 運瀬の主、アカウミガメ | トップページ | 紺瀬のカメ »