« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019-01-27

時化てるときの大きなウミガメ

波高4m。
大しけの一日。

こんなときは慶良間まで行くのを断念して、
その手前のチービシで潜ることになる。
ただ、チービシといっても侮ることはできない。
ポイントは少ないけど、
しっかりウミガメに会うこともできるのだ。

Topaoumigame
2019.1.26 チービシ諸島・ナガンヌ南 水深8m

浅いリーフエッジにひっそりと休憩中のアオウミガメ。
しかも、甲羅長は1m近くありそうな大きな、大きな個体。

このカメ、よくこの場所で寝ていることが多いんですよね~。
一番乗りなら鉄板って感じでもあるけど、
まあ、いないときもあったり。
もしかしたら、上げ潮のとき限定なのかも。


この日はちょうど、満潮から干潮に切り替わる時点で、
干潮になったときには、リーフ上からの冷たい水がスーッと流れ込んできまして・・・。
エントリー時に22度あった水温が、なんと20度を記録。
こりゃオヤスミ中のウミガメもいなくなっちゃいますな~。


2019-01-13

運瀬の主、アカウミガメ

どーんとマッチョなアカウミガメ。

R0023981
2019.1.12 慶良間諸島・運瀬 水深32m

いや~、ウミガメが可愛いなんて誰が言ったのか・・・。
このカメを見たら、そんなイメージが完全に打ち砕かれてしまうかも。

まずはこの顔。

Topakaumigame

目が怖いってば。
しかも首なんて顔よりも太いくらいだし。

そしてこの大きさ。
甲羅長は余裕の1m越え。
こんなのが突っ込んできたら、そりゃビビるよね~。

まさにガメラという表現がぴったりかも。

ちなみに、こやつはずーっと前から居ついてる子でして、
過去の記事でも何度か出てきたりします。
主のようなアカウミガメ

2019-01-05

間違いなく今年一番のカメ写真でしょう!

久々に北風が緩んで、
東寄りの風になってくれましたよ。

ということで、夏のカメポイントでもある、
いわゆるギシップエリアで潜ることができましたよ。

カメ吉にて。
会心の一枚で。

R0023528
2019.1.4 慶良間諸島・ギシップ島・カメ吉 水深8m

いや~、新年早々、いい一枚が撮れましたね。
これまた久々にでたギンギンした太陽と一緒に。
息継ぎが終わり、
水底に戻ってこようとするところを激写。
太陽の角度を考えて、動くことがポイントですよ。

2019-01-04

今年初カメ!

2019年の初カメはアリガー南にて。
冬の定番カメポイントにて。

9a3283c247ddb98dd9fbd5e3f0342e8c
2019.1.3 慶良間諸島・渡嘉敷島・アリガー南 水深12m

大き目のタイマイを見ることができましたよ。
そして、ゲスト達ともしばらく遊んでくれる、
フレンドリーなカメでしたね~。

そして、この日はこのタイマイを皮切りに、
ポンポンポーンとカメが出続け、
5枚のカメを見ることができましたよ。

今年一年もバンバン、ウミガメを見ていくので、
こちらのブログもよろしくお願いします!


« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »