« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018-08-30

神山のカメの寝床

チービシ、神山南から。
ほんと今月8月は海が時化ることが多くって、
このチービシになにかとお世話になったような気が。

で、神山にカメの寝床があるってことで、
ようやくその場所がわかりましたよ~。

R0015763
2018.8.25 チービシ諸島・神山島・ラビリンス 水深8m

まさかこんなところにって穴ぼこに、
頭を突っ込んでねております。
この場所、結構ダイバーもバンバン通るようなとこなのに、
意外と気が付かないんですよね~。

でも、これで場所をわかったので、
鉄板ネタとしてゲストにウミガメが紹介できるかもな~。

ただ、一つ難点があるとすれば、
頭を突っ込んでるので、
お尻しか写真に撮れないってことでしょうか。


2018-08-06

タイマイに超接近!

お馴染みのカメ吉のタイマイ。
ほんといつもいてくれて助かる~ってね。

ちなみに、ウミガメがこんなにイージーに見れてしまうので、
カメ保障の体験ダイビングなんてやっているショップもあったり。
https://teada-okinawa.com/experience_kerama/
いや~、自然を相手になかなか気合が入っておりますな。
まあ、夏場で海が平穏であれば、
このギシップエリアで潜ることができるので、
ほぼ100%見れるってことに間違いはありませんが。

そんな中、いつもいるフレンドリーなタイマイ。

R0014587
2018.8.4 慶良間諸島・ギシップ島・カメキチ 水深5m

カメラのすぐ目の前まで突っ込んできましたよ。
ダイバーというものを全く警戒しておりませんな。

ワイドレンズを使っているので、
こんな顔デカ写真が撮れちゃったり。

けど、ふと思うことは、
冬場は他のカメもよく見かけることがあるけど、
夏場はこういったフレンドリーな子しか、
なかなか見かけなくなってしまうんですよね~。


2018-08-02

砂地の海藻を啄むカメ

砂地にポツンといるカメって可愛いですよねー。
しかも、それがそれなりに深いところなら尚更だ。

アリガー南の沖の根のすぐそば。
砂地に岩?
と思えるような塊がアオウミガメだったという話。

砂地に生えるアマモをハグハグとお食事中。
ダイバーに囲まれても、全く気にしない感じ。

R0014360
慶良間諸島・渡嘉敷島・アリガー南 水深22m

たまーにこんなカメを見かけるけど、
ほんと癒しのオーラが出ていますよねー。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »