« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018-02-16

やはり晴れた日は太陽と!

おなじみ、カメパラにて。

ここの亀は下げ潮のときしかいないので、
ちょうど大潮近辺に2本目のお昼休憩も兼ねて入ることが多い。
そして、今日がまさにそのパターン。

ちなみに、冬場は基本的に北風なので、
なかなかここのポイントに入ることができないけど、
この日はラッキーにも南風。
完全に夏のポイントシフトで潜れましたね~。

で、予想通りのウミガメ。
丸々したウミガメの下に回り込んでのこの一枚。

6cd35e8a9f1ca5bf574b125e2cde9d91
2018.2.15 慶良間諸島・ギシップ島・カメパラ 水深8m

誰しもが撮りたくなるアングルですが、
うまく太陽の位置を調整して、
カメラを向ける角度を合わせるのがコツ。

あとは亀の手を広げる瞬間に合わせてシャッターを切るだけ。

やはり太陽がカキーンと出た日は、
こんな一枚が撮りたくなりますよね~。


2018-02-12

体験でタイマイ

お馴染みカメ吉にて。

今日は当店にしては超珍しく体験ダイビングメニュー。
リピーターのお友達3名をご案内。

一応、朝1本潜ってからの2本目。
ちょっとダイビングにも慣れてきて、
ギリギリ泳げるにようになってきたかな~ってレベル。

この状態でカメに会うのは結構大変だったり。

ただ、この日は超ラッキーなことに、
船の真下にいてくれましたよ。
そう、タイマイちゃんが!

76f692271efc26887701b5ff66e2a67c
2018.2.10 慶良間諸島・ギシップ島・カメキチ 水深8m

北風の吹くこの時期、
ギシップエリアに潜ることも少ないので、
うっかりするとファンダイバーでも泳いで泳いで、
ようやくカメに出会えるということもあったりする。

そんな中、体験3名連れて、カメを見せることができたのは、
ガイドとしては嬉しい限りですな~。


2018-02-07

特等席のカメ

またもやハワイのカメシリーズで。

沈潜、シータイガーの船首で鎮座するカメ。
まさに
「俺の船だぜ!」って言わんばかりのオーラが出ております。

Top1

この付近、ハギ類が多く、
このカメはハギ類に甲羅のクリーニングを受けてましたね~。

ちなみに水深は30m。
この水深でウミガメといえども肺呼吸。
ずーっと滞在するのは結構辛そうだとも思えるけど、
それでもここにいるだけの居心地がいいんだろうな~。

2018-02-04

ハワイのウミガメ

ちょっと休暇でハワイへ。

以前、いやすでに12年ぶりになりますが、
お世話になったショップ、ブリーズハワイさんで潜ってきましたよ。

で、カハラ沖のキャニオンにて。
まさにカメだらけの一本になりましたね。

Top1
2018.2.3 ハワイ・キャニオン 水深8m

浅い棚の上に大きな、大きなアオウミガメが列をなしてホバってましたね~。
まるでケラマのカメパラのように。
やはりハギ類に甲羅をクリーニングされてるようにも見えますが、
さっぱり甲羅がキレイじゃなかったり。
ここがカメパラのカメとの大きな違うところかもな~。

カメに救われた一日

本日、3本目は自津留へ。
強烈な下げ潮の反流で、上げ潮で。

こんなときにうっかりタイマイを見かけましたよ~。
何気にこの自津留でタイマイってのは珍しいかも。

Dba6b9f39ab0aa805432c7eedd9c941d
2018.1.31 慶良間諸島・自津留 水深15m

流れもあるので、
カメもあまり泳げないのか、
じっくり、ゆっくり見ることができましたね~。

ただ・・・、この日はカメ以外の収穫は無し。
うっかりカメに救われた一日だったかもな~。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »