« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014-03-27

久々にカメパラの亀

ほんといつぶりってくらいにカメパラへ。
ぼちぼち南風で夏モードの日も増えてきてるよね。

で、いつものようにいてくれたアオウミガメ。
ちょうど下げ終わりの時間だったので、
カメパラパラって感じだけど・・・。

B96ab1c1cd3d0092564a46ce4e9a6d45
2014.3.26 慶良間諸島・ギシップ島 カメパラ 水深8m

ここは流れが出やすい分、透明度もいいので、
写真写りもかなりいいですな~。

しかもなぜかここのアオウミガメってみんな幸せそうな顔をしてるような気がする。
ダイバーを見ても、あまり気にしないよーって感じだし。

これに比べて、サントラとかタマルルで見かけるアオウミガメって、
ダイバーを見かけた、「あ~、めんどくせ~」って感じに泳ぎ去る。

この差って一体なんなんだろうな~。

やっぱクリーニングステーションがあるので、
日頃から甲羅をお掃除されてて、
亀自体にストレスがほとんどかかっていないのかも・・・。

ま、ぼちぼちカメパラ、ここに入る機会も増えてきそうですな。

2014-03-25

鉄板はやはりサントラか!?

今、おそらく慶良間で一番亀遭遇率が高いのは、
ギシップ島のサンドトライアングルだろう。

D72000eb89074f6f8c44d936c3b7b58a
2014.3.24 慶良間諸島・ギシップ島 サンドトライアングル 水深8m

ただ、アオウミガメじゃなくって、
タイマイばっかりってのがちょっと残念ではあるけれど・・・。

ここの死サンゴをぼりぼり食べてるので、
初心者のダイバーでもゆっくり見れるのだ。

そしてこの一枚。
息継ぎに浮上したところを狙って、
お腹からビシッと一枚。

ほんとタイマイって死サンゴに頭を突っ込んでボリボリ食ってるシーンが多いので、
イマイチ絵にならないけど、
こんな瞬間を狙うとそれなりにいい一枚が撮れるかもな~。

2014-03-12

ビーチで亀が見れると喜び倍増だな。

今日は南部の地形ポイント、具志川城跡下の亀をご紹介。

モリモリのサンゴ、一級品の地形が楽しめるビーチポイントですが、
結構な確率で亀が見れちゃったりもする。

で、今日も例外に漏れることもなく、
潜降直後に都合よくアオウミガメが見れましたよ~。

1076936f0515e7dacb8fdf34a0fcd28d
2014.3.10 沖縄本島・具志川城跡下 水深12m

フラフラと泳いでるところを激写。
かなりナーバスに動くけど、
しばらく「あまり興味ありません」オーラを出して泳いでいたら、
結構、近くまで寄れました~。

まあ、ビーチで亀が見れると、
いろんな意味でテンション上がりますね~。


2014-03-08

ダッシュで逃げるアオウミガメ

今日はアリガーの亀を。

時化ております。
こんなときの3本目として潜ることが多いアリガー。
ドリフトならまだしも、
アンカリングで戻ってくるダイブプランだと、
亀に会えるかどうかはフィフティフィフティぐらいの確率だ。

で、やっぱ会えると嬉しいわけで。

F36c780396c9a77a497201ecb8e69da1
2014.3.7 慶良間諸島・渡嘉敷島 アリガー 水深16m

随分と深いところでお休み中のところを。
目が合った途端にダッシュ。
そこを追いかけて、追いかけて。
ま、ある程度、泳ぐとカメのほうも諦めちゃうのね~。

そのあとはゆっくり泳いでくれて、
亀と一緒にゲストを一枚。

ん~、夏場なら亀なんてって思うけど、
ほんと冬場の亀は貴重ですな。

2014-03-04

アカウミガメの赤ちゃん

このサイズのウミガメ、
ダイビングをしていても、まず見ることはない。

E5923a04c20c33045125912ddcab0276
2014.3.2 読谷村・サンゴ畑 水深0m

読谷にあるサンゴの保全施設。
てぃだかんかんで有名な金城さんのやってるところ。
サンゴがメインの観光施設なんだけど、
それ以外にも生物もいったいいたりするのだ。

で、ウミガメ。
いろんな種類がいるのかと思いきや、
アカウミガメのみ。
しかも、結構でっかいのがいるのかと思いきや、
体長10センチくらいの赤ちゃんのみ。

オープンエアーな池みたいなところにて、
近づくと水面に上がってきて、口をパクパク。
これはなかなか可愛い存在だったり。

ただ、この小さい儚い命が、
あのゴツい感じの凶暴なやつになっちゃうなんて・・・。


« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »