« 久々に大度のカメ | トップページ | ポンタ発見! »

2013-02-19

大時化の後のアリガー南って・・・。

3本目にアリガー南へ。

昨日までは前線通過で北風ピューピュー。
大時化で慶良間のダイビングボートも欠航、
もしくはチービシ止まりという状態。
今日はちょっと落ち着いてきて、なんとか唐馬へ。

で、3本目、渡嘉敷島西側も潜れそうってことで、
アリガー南へ。

こーゆーときにアリガー南に入ることが多い。
だって、カメが見たいんだもん。

けど、こんなときって、ものすごく濁る。
特に浅いところ。
これでは遠くにカメがいても見えないではないですか~。

しかも、その上、僕らがエントリーする直前に、
他のボートからもダイバーがエントリーした様子。
どうやら寝てるカメが蹴散らされてしまった感じ。
さっぱりカメがおらん。

そんな中、奇跡のフラフラ泳いでるカメ。
浅いところからフラーって出てきました。

9c3a115443cbe60dd19199d5c1642abd
2013.2.16 渡嘉敷島・アリガー南 水深8m

まさに九死に一生を得たって感じですな。
このポイント、カメ以外はほんとコレといったものが無く厳しいポイント。
ただ、この後もポコポコとは出てきて、4枚くらい確認。
けど、全部泳いでるやつに加えて、濁ってるのでゲストが見えない???

う~む、何度も思うけど、
時化た後のアリガー南でカメ探しってのは、
ガイドとしてはなかなかスリリングなんだよなぁ。

« 久々に大度のカメ | トップページ | ポンタ発見! »

アリガー南」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々に大度のカメ | トップページ | ポンタ発見! »