« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011-02-22

なかなかいいショット~

今日は天気もいいので、大度海岸へ。

北東風、波2.5mウネリを伴う。

水面は凪、ただ流れが結構ある~。

そして海の中はなぜかニゴニゴ~。

どうやら、大度は東寄りの波が入ってくるとニゴるみたいかも。

そんな中、いつものポンタ。

2匹のコバンザメを引き連れて、気持ち良さそうに泳いでましたよ。

631fdd9a0b2c83f93acadb8c69581666

けど、最近はかなりシャイになってきてる。

以前はダイバーが近づいてもお構いなしにお休み中だったけど、

すぐにビクッとして飛び立ってしまう。

う~む、そんなダイバーがたくさん来る場所でもないのに、

一体なんだろうか・・・。

ちなみに今日はこのほかにも2枚のウミガメを観察。

1匹は少し小さめ、そしてもう一匹は甲羅がきったない子。

やはりカメといえば、やっぱ大度だよなぁ。

2011-02-18

タイマイが多いサントラ

今日は渡嘉敷島の北。

カメポイントとして有名なサンドトライアングルのカメをご紹介。

ここはサントラ、カミグー、タマナーファームなど、

近隣するポイントもいくつかあり、名称の呼び方もダイビングショップによってまちまち。

ま、西のほうからタマルル、カミグー、サントラ、そしてタマナーに、

ギシップ西ということに僕はしておりますが・・・。

慶良間ではアオウミガメ、タイマイが主に見られるけど、

ここではタイマイがよく見られる。

049829bcc2d2430f6c3fbd55dbcbae9e アオウミガメよりもちょっと甲羅の先がとんがってて、

そして嘴のような口。

ま、アオよりもちょっとアグレッシブな感じがします。

けど、絶滅危惧種にも入ってる希少生物だったり・・・。

夏場はほんとよく入るポイントですねぇ。

見られるときはバンバンと1ダースくらい見て、

もういいや~って思うこともあるんだけど、

いないときは本気でいない・・・。

泳いで泳いで、船の下でやっと会えた~なんてこともあったりね~。

2011-02-12

本日のカメ~大度浜にて~

今日は到着ゲストと大度海岸へ。

ま、定番のカメポイントですな。

エアーの持つ人ならほぼ確実に、

いや百発百中でカメが見られるダイビングポイントのはずでした・・・、今日までは。

いつもは愛称「ポンタ」というやや大きめ、

そしてコバンザメを2匹も従えてる置物のようなアオウミガメがいるんですが、

なんと今日はいない・・・。

というよりも、ちょっと遅めの到着、

しかも沖合いのボートからもちょうどダイバーがエントリーした後という、

最悪のタイミングだったせいもあるけど。

ちなみに、昨日も今日も普通に見れているそうなんですが・・・。

大度でカメとエイ

南部在住の沖縄人のダイバーらしいのですが、

ほんとよく大度海岸に潜っていて、

ここまで見られるなら慶良間なんか行かなくてもいいよねってレベルかも。

けど、最後の最後でやっとゲット~。

ただ、「ポンタ」ではなくってやや小ぶりのアオウミガメ。

2e88a74f23c8080d21ab3f3de9f23113

ま、何はともあれカメ見れたから、後味がいいですな。

【PR】

沖縄の少人数ダイビングライセンス「リフィー」

http://www.rifiediving.com/

沖縄の海でPADIダイビングライセンスCカード取得なら那覇市内の当店へ!

2011-02-08

紺瀬のカメ

今日はプチ遠征、久場島・紺瀬のカメをご紹介

久場島は那覇出港のダイビング船だと慶良間の中では一番遠い島。

ま、なかなか行けないとこでもあったりします。

で、紺瀬はその南にあるちょっと離れた根。

ぐるっと駆け足で1週回って50分ぐらいでしょうか。

ここにも居ついてるカメがいます。

62b6facd05b0d6efc89cd3fba01068a9

小さめのアオウミガメ。

首のところに藻らしきものがびっしり生えてます。

ちょうどエントリーする東側からすると、その反対の西側にいることが多い。

ただ、全くダイバー慣れしてないので逃げ足はかなり速い。

まだ子供なので、ちょいダッシュくらいで追いつくことは可能ですが。

けど、ここのメインはバラクーダやネムリブカなので、

よーし亀を見に行くぞって潜るインストラクターは少ないんですよねぇ。

2011-02-03

野崎のカメって

今日は野崎のカメを。

7ac8af59c9cdbfd25267f3ddd2322532

野崎は慶良間でも代表するサンゴ地帯。

一時はダイバー立ち入り禁止まで行って、

サンゴの保護を行ったポイントということでも有名。

そのおかげか慶良間でも随一のエダサンゴの群生を見ることができますよ。

勿論、ここにもちゃんとカメが生息しております。

ただーし、遭遇率は意外と低い。

アオウミガメが多いかな。

メインのサンゴポイントからちょっと南のほうに出没することが多い。

アンカーリングで泳いで戻ってくるのは潮が走るのでちょっときつい。

とゆーことでドリフトダイビングなら高確率になりますね~。

ダイビング中に見れたウミウシ達もアップしております。

沖縄のウミウシをご紹介!

沖縄本島、慶良間で見れたウミウシを解説つきでご紹介しております!

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »